JUNKOプロフィール

JUNKOプロフィール

JUNKO
エステティシャン
エステティックサロンプリマヴェーラオーナー

経歴
化粧品会社勤務後
自宅サロン出店を機に化粧品会社から独立
自宅サロンから念願の店舗サロンを開業
今は後進の育成をしながら自宅サロンで現役として第一線でエステの仕事に従事

はじめに

自宅にてエステサロン開業される方、または開業をお考えの方に向けてお話していこうと思います。私自身も自宅サロンを開業し、店舗サロンを出店した経験がありどちらにもメリット、デメリットがありました。これからサロン開業をお考えの方でどこから手をつけていいのかわからない方もいらっしゃると思います。こんなエステティシャンになりたい、こんなサロンを開きたいなど夢や希望はあるものの悩みは尽きない事と思います。サロン開業についてのお悩み、またはサロンを今よりも更に良くしたいとお考えの皆様の悩みにお応えしてお力になれればと思います。私の経験や体験が活かされればこんなに嬉しいことはございません。長年培ってきた知識や経験が皆様の輝かしい未来を切り拓く一つのキッカケになれれば幸いです。

美容業界に入ったきっかけ

40歳になり、長男は大学、次男、三男は高校生と忙しく仕事に家事に追われる日常でした。そんなおり自身の人生と向き合い自問自答する中で、自分らしい人生を歩んで行きたいと考えながらも日々時が流れていました。当時を振り返ると自身の悩みでもあったシミやシワなど年齢による女性ならではの悩みに直面していました。女性らしさを取り戻すと共に、美容や健康的で美しくいられるには必ず理由があり、美容の事を深く勉強し、自分の悩みの解決にもつながり、世の中の女性の美の悩み、美しくありたいと願う女性の願いに寄与し支えてあげたい、寄り添いたいと思い、化粧品会社に思い切って入社したのが美容の世界に入ったきっかけでもあり、この道を志した動機でもありました。

自宅サロン・資格の取得の経緯

自宅の一室をサロンとして独立しました。開業当時は化粧品会社からの独立もあったので多くの顧客に支えて頂きました。技術も未熟な自分に良くお客様がついて頂き、私の成長を助けてくれました。お客様の期待や、その理想に応える為に、日々勉強し、責任感も日毎にましていく中で、どうしたらお客様に満足と安心と、より良いサービスの提供ができるのか?キレイにもっとしてあげたい、女性の美しくありたいと願う願望に寄り添い支えてあげたい。責任感が増す中で、お客様の期待と更なる喜びに応えるべく、技術の研鑽を重ね日本エステティック協会のエステティシャンの資格も取得しました。

人間の本質的な喜びとエステティシャンとしてのスタイルとコンセプト

人間の人生において、喜びは大きく分けて二種類あると思います。一つは幸福の追求、もう一つは喜びの共有だと思います。幸福は追求すればするほど、ハードルが上がり、以前幸せだった事、嬉しかった事になれ感覚が麻痺し、人間の幸福の追求には際限がないと思うんですね。一方喜びの共有は、楽しい事、嬉しい事、大変な事、悩んでる事、悲しい事、色んな事を共に共有する相手がいる事で、共に歩み、笑い、同じ時を共有する事で人生の喜びに変わると思うんですね。

私がエステティシャンになったのも自身とお客様との喜びの追求をしていきたい。そんな想いからだったと思います。

自宅サロンのスタイルと家具や小物に至るまで

私がエステの仕事をする上で大切にしている事があります。上記に述べたように人間の本質的な喜びに、幸福の追求ではなく、喜びの共有と追求と書かせて頂きました。
パーソナル部分で言えば、お客様への礼儀や言葉使い、所作や姿勢、おもてなしの心、相手に寄り添う気持ち、相手の立場に立ってお客様本位で考えてあげること。自分を取り巻く環境で言えば、自宅の玄関、トイレ、洗面台、エステルームの全てに掃除が行き届いた状態であり、お客様を迎えるにあたって、エステのコンセプトにあった家具を飾り、季節を感じられる花を生け、毎回少しのギフトとサプライズを用意することです。

何故そこまでやるのか?というよりかは、自分がしてあげたいだけの事なのですが、考えてみれば私の喜びの追求と自分自身のポリシーというか、そうできない自分が許せない性格が故だと思っています。

お客様に感動して頂きたい。お客様にキレイな空間を提供し、キレイな家具に囲まれる事、キレイな花に囲まれ、座り心地のいいソファに身を委ね、忙しい日常から非日常の空間で共に同じ美しいと思える価値や感覚を共有し、楽しい時間を女性として大好きな方と共に過ごしたいと願うからだと思います。

私がエステ以外に花道を習い、茶道に日本舞踊、バレェに着付けなど、自身の感性と価値を磨くのも、お客様に対しての礼儀であり、おもてなしの心、お客様への感謝や大切に想っている表現方法だと思っているからです。

家具を飾り、花を飾り、自宅の隅々まで掃除をし生活感を出さない事に拘るのも、お客様を大切に想っている事、感謝している事を表現するだけに留まらず、美しい事やキレイな物を共に同じ価値感で共有したいからに他ならないからだと思っています。

それが、私のエステに対するプロフェッショナルとしての仕事の流儀だと思います。

店舗サロン〜フランス式エステとフランス研修

自宅サロンから店舗サロンにステップアップし、更なるエステの向上の為に、フランス式のエステを習いお店に導入しました。フランスのある会社の本社から来た技術指導員から直接指導を受けディプロマを取得。お客様に更なる満足と喜びに応えるべく努力を重ねました。当時60歳という年齢にも関わらず、新しい事への好奇心と知識欲と探究心が自分を突き動かし、年齢などすっかり忘れていました。ディプロマ取得後、技術指導員さんに今度は是非フランスに遊びに来て下さいと言われ名刺を頂いたのですが、その時は社交辞令として受け取り、フランスに行けるとは思っていませんでした。

息子に言われていざフランスへ

フランスのエステを導入したものの、私は、エステ発祥の地本場フランスに一度も行った事がありませんでした。女性なら誰もが憧れ抱くおフランス、そのフランスに行きたいという気持ちはあったものの、行くのは無理だろうなと半ば諦めかけていました。そんな話を何気なく息子に話したところ、息子にこう言われました。そんなの簡単だよ!まずチケットを予約する事が先で、後は当日飛行機に乗るだけ、その後の事は現地に行ったら何とかなる。行ってらっしゃいと背中を押され、不思議と何とかなるんじゃないかと思い、従業員を連れ行ってきました。全く片言のフランス語に会話集の本片手、フランス人の優しさに助けられた珍道中のフランス研修でした。フランスオペラ座にある、インターコンチネンタルホテル内直営店のお店でエステを堪能、現地スタッフとの交流を持てた事はいい思い出と、自身の刺激でもあり、自信や確信にも変わった瞬間にもなり、はるばる日本から来て体験できた事は、自分の財産になりました。

帰国後エイシン物産とフランス家具との出会い

フランスから帰国後、本場フランスで受けた洗練された雰囲気や空気感、ある意味衝撃で、自分がお店でやっている事の浅はかさや、勉強不足、歴史の認知不足など非常に考えさせられました。フランスのエステはもちろんブランドイメージや歴史的背景、現地そのままを自分のお店でどうやって再現、表現したらいいのか思考し悩む日々が続いていました。そんな折、東京都内でたまたま寄った輸入家具屋さんのエイシン物産と橋本社長との運命的な出会いをしました。エイシン物産は創業60年の老舗貿易商社で輸入家具を取り扱う会社。ショールームにある家具を見て一目惚れをしてしまいました。私が思い描く理想のライフスタイル、美しさを共有する空間演出にはこれ以上ない理想の家具だなと思いました。そして家具もさる事ながら、橋本社長の人柄と家具への愛情、仕事に向き合う姿勢に心打たれ、失自分のエステに対する姿勢とを重ね合わせ、自然とショールームの中で美しい家具に囲まれ美しい物を美しいと感じる同じ価値感を共有している事に気づきこれなんだなと思った瞬間であり私が求めていたライフスタイルだと思いました。

現在は自宅サロンに戻り、自分のライフスタイルとエステの追求に邁進

オールハンドにこだわりを持つ理由

エステ発祥と言われるフランス源流の流れを守る、時代の流れに翻弄されない、人と違う人生、違う存在として、自分らしさの追求こそがオールハンドエステにこだわり続けた理由です。時代の流れは早いものですね。サロン業務も大量消費、機械化、主義の均一化、回転率、業務の効率化、利益追求の最大化と最適化など急速に進んでいます。そして人材の浪費、そんな時代の流れに私は埋没したくない、翻弄され、流され自分の信念を曲げたくない、自身のサロン業務を振り返るとそんな時代に抗い闘い続けた27年のような気が致します。JEO認証サロン日本エステティック機構認証サロンを取得した背景について自宅サロンから開業した私ですが、サロンのお客様が増えるにつれて責任も拡大しました。店舗サロンへとステップアップし、従業員も増え、エステを事業として運営していくには、法人格の取得、業務の見直しに迫られました。 サロン業務の中で、お客様に常に安心してサービスをご利用していただくために、健全なサロン運営を目指し、行政や地域、お客様に対して、一定の事業として認知していただく 為にJEO認証サロンを取得しまし た。その内容は、サービスの品質管 理、衛生管理、営業方針の明示、個人情報管理、コンプライアンス、誇大広告や虚偽の記載などがない事、特定商取引、クーリングオフ、人材 育成、マニュアル作成、CSR、クレーム窓口の設置など、小規模事業主ながら審査に合格し取得しました。